Webマーケティングで覚えるKGI、KPIの設定具体例

Webマーケティングで覚えるKGI、KPIの設定具体例

商品を宣伝したり企業の認知度を向上させたりするために、Webサイトを運営しているところは多いはず。Webマーケティングする目的があっても目標が曖昧であれば、成果を伸ばすのは難しいことです。

数値で測れる目標を設定してWebサイトを運営することで、目標を達成するための道筋を作れます。道筋にある中間目標をKPIと呼び、適切なKPIを設定することがWebマーケティングにおいて重要

自社への利益を増やすためにWebマーケティングにおけるKPIやKGIの特徴や具体例を知っておきましょう。

KPIとは

KPIとは目標達成するまでの、重要目標達成指標のこと。計測可能であること。
Webサイトを運営する目標を達成するために、中間目標を達成できているか計測するのに便利なのがKPI。Key Performance Indicatorを略した言葉であり、目標の達成度を確認するのに便利です。

重要目標を達成するのに必要な中間目標の達成度を測ることで、Webサイトやマーケティングの問題点を確認できます。例えば自社商品を宣伝するページの目標は認知度を増やすこと。

より多くのユーザーに商品を知ってもらうには、検索流入やプロモーションからのアクセス数がKPIとして挙げられます。他にもSNSでのシェア率やメールマガジンへの登録もKPIとして設定可能。

いくつかのKPIを見ながら運営することで、重要目標を達成するためにすべきことを検討できます。複数ある目標を混合せず、重要目標のために中間目標であるKPIを決定しましょう。

KPIの設定の前にKGIの設定

KGIとは最終的な目標
企業が自社サイトを運営するには目的があり、目的を達成するための重要な目標があります。運営するWebサイトが達成すべき重要目標達成指標をKGIと呼び、元の名はKey Goal Indicatorです。

KGIは最終的な目標を示す指標であり、KPIは目的のために設定する小目標。1つのKGIに対して複数のKPIが集まり、Webサイトの運営者はKPIやKGIを監視しながら改善していきます。

例えば通販サイトを運営していて売上を増やしたい場合、KGIは1年間で〇%の売上増加になります。重要目標であるKGIを達成するために、アクセス数やコンバージョン率といったKPIを高めることが必要。

KPIを改善するためにユーザーを集客するためにSEOを見直したり、サイトのデザインを改善したりできます。改善によってKPIが向上すれば結果的にKGIも向上し、企業の目的を達成できるのです。

KGIの設定/具体例

最終的な目的を達成するために設定するKGIを決めるには、数値として測定できることが必要です。計測できない指標は曖昧であり、客観性や正確性においてデメリットがあります。

例えば「商品の注文数をもっと増やす」という指標の場合、どれくらい増やせばよいのか分からず改善点が分かりにくいです。結果として間違った改善をしてしまい成果に見合わないコストが発生する場合があります。

「1年間での注文数を5%増やす」というKGIであれば、適切なKPIを設定して改善することが可能。KPIを向上させるために必要な改善をできて、コストに見合った成果を期待できます。

自社サイトを運営していて、適切なKPIを設定する方法が分からず悩んでいる人もいるはず。KGIを向上させるために設定すべきKPIの具体例をジャンルごとに解説します。

ECサイトにおけるKPIの具体例

KPI設定例 EC編 具体的な施策
企業がECサイトを運営して達成したい目標として挙げられるのは売り上げを増やすこと。売り上げを増やすにはアクセス数を増やして、注文してくれる確率を上げることが重要です。

ECサイトにおけるKPIとして役立つのは以下の3つ。

・訪問者数
・CVR
・客単価

Webサイトへのアクセス量を示すPV数や回遊率を確認できる平均PV数といった項目で訪問者数をKPIとして設定できます。SEOを対策したりデザインを改善したりして訪問者数を改善することが可能。

CVRは運営するECサイトでどれくらいの訪問者が商品を注文したか測るのに役立ちます。多くのユーザーに商品を注文してもらう為に、直帰率を下げることや滞在時間を増やすことが重要です。

客単価はECサイトでの売上を売上件数で割って計算する指標。より高額な注文をするユーザーを増やすことで、結果的に得られる利益は増加します。

ユーザーが購入する商品に関係がある商品を宣伝して購入してもらうクロスセルや、ランクの高い商品を購入してもらうアップセルにより客単価は上がるものです。

訪問者の単価を上げたい場合はクロスセル率やアップセル率をKPIにしておくと良いですね。

WEBメディアサイトのKPIの具体例

WEBメディアサイトのKPIの具体例とその施策
企業のオウンドメディアや個人のブログを運営する場合、達成したい目標は広告収入を増やすことです。広告をクリックしてもらうにはユーザーを集客する必要があります。

Webメディアサイトを運営する場合、役に立つKPIは以下の2つ。

・検索流入数
・メディアの記事数

SEOを対策して自社サイトの検索順位を向上させることで、安定した検索流入を見込めます。検索からのアクセス数をKPIとすることで、コンテンツを改善しやすくなるものです。

コンテンツを増やすことで検索流入は増える傾向があるため、記事の更新数をKPIとして設定するのも有効。1カ月間に100記事増やすなどのKPIがあれば、自社サイトの価値を増やしてアクセス数の増加を見込めます。

ランディングページのKPIの具体例

ランディングページのKPI設定例とその施策
商品やサービスを紹介してユーザーに購入してもらうことを目的としているのがランディングページ。広告やプロモーションでアクセスを集めるLPに役立つKPIはコンバージョン率(CVR)です。

CVRは商品を購入したユーザーをページへの訪問者で割ることで、LPがどれくらいの成果を達成したか分かる指標。コンバージョン数をセッション数で割ることでCVRを計測できます。

広告料を払ってユーザーからのアクセスを集めても、商品が購入されなければ意味がありません。コンテンツ内容を改善したりデザインを改良したりして、CVRを高めることが重要です。

EメールのKPI具体例

メールマガジンを配信している企業や個人にはいくつかの目的があります。商品に興味あるユーザーにお問い合わせなどの行動をしてもらう場合、ページへのクリック率やCVRがKPIとして役立ちます。

自社商品にあまり詳しくないユーザーの購買意欲を高めたい場合、自社ページやサンプルページへのクリック率をKPIとすると良いですね。商品への興味が伸びているのかクリック率により判別できます。

ユーザーとの関係性を強化して認知され続けたい場合、メールの開封率をKPIとして設定しましょう。

メルマガを解除するユーザー率を測れる配信解除率をKPIにして、ユーザーにあったメールを配信できているか監視するのもオススメです。

メルマガのマーケティングの基本情報は以下記事にて具体的に紹介されていますので、ご参考ください。
メールマーケティングの種類、分析指標などについてのまとめ メールマーケティングの種類、分析指標などについてのまとめ

SNSメディアの具体例

企業がSNSを運営する目的にはブランディングや購買意欲の向上といったものがあります。SNSによって目的を達成できているのか確認するのに役立つKPIは以下の通りです

・フォロワー数
・「いいね!」の数
・エンゲージメント率
・インプレッション数

TwitterやInstagramの場合、フォローしてくれるユーザーが多いほど企業の影響力は増加します。実際に投稿を見てくれるユーザーがいるかどうか、インプレッション数で確認するのもオススメです。

Facebookの場合は自社ページへの「いいね!」が多いと、投稿を見てくれる人が増えていきます。質が悪い投稿をしていないか確認するためにリーチ数も分析しておきましょう。

エンゲージメント率はSNSへの投稿に対してどれくらいのユーザーが行動してくれるか確かめられる指標です。行動にはクリックやいいね、リツイート、リプライ、フォロー、お気に入りといった要素があります。

高いエンゲージメント率はユーザーからの信頼性や親密性が高い証であり、購買意欲の向上につながります。さまざまな指標をKPIとして設定し、SNSを運営することが成果を出すうえで重要です。

KPIを設定するときの注意点

間違った方法でKPIを設定してしまうと、改善点が分からず成果が伸びにくくなります。KPIを設定するときの注意点は以下の3つです。

・達成の見込みがある目標を設定する
・数値として計測できる目標にする
・原因を明確にできる目標にする

なぜこれらの要素に注意してKPIを決める必要があるのか、それぞれ詳しく解説します。

達成の見込みがある目標を設定する

実際に達成することが明らかに不可能な目標をKPIとして設定したところで、成果を出すことはできません。最終的な目標を達成するために小さく目標を決めることが重要です。

非現実的なKPIを設定したところで達成できるわけもなく、間違った運営や改善を引き起こす可能性が増えてしまいます。例えば「検索流入を1週間で5倍に増やす」というKPIの場合、目的のために手段を選ばない状況が発生するのです。

Googleのガイドラインを無視したブラックハットSEOを活用したり、高額な宣伝費を支払ったりして無理にKPIを達成できます。ですが将来性やコストに見合っていない施策は、目的を達成し続けるのに不向きです。

適切に改善すれば達成できるKPIを設定して、持続可能な成長をし続けることを勧めます。

数値として計測できる目標にする

数字として測れない指標はどうしても曖昧になりがちであり、目的を達成するための改善をしにくくなります。ツールを活用して簡単に計測できるKPIを設定することがオススメです。

例えば「サイトへのアクセス数を増やす」ではなく「セッション数を1カ月間で5%増やす」というKPIを設定することが重要。KPIを決めたら指標がどのように推移しているのか定期的に確認しましょう。

原因を明確にできる目標にする

改善によってKPIを達成できても、なぜ指標が向上したのか原因が分からなければ再現性が弱くなります。指標がよくなる改善方法が分かればノウハウとして活用できますし、悪くなれば対処することが可能です。

例えば商品を購入してほしい企業が自社サイト全体でCVRを計測している場合があります。サイト全体でCVRを計測していると、どのページを改善することでCVRが変化するのか分かりにくいものです。

ページ単位で指標を計測して、どのような改善で指標が変化するのか原因を明確にしましょう。

まとめ

Webマーケティングでの目的を達成するために役立つのがKPIです。KGIを達成するために複数のKPIを設定して指標を測定することで、自社サイトを改善しながら成果を作り出せます。

KPIを決める時は最終目標に合わせて、数値として測定できる目標であることが重要です。適切なKPIを設定してWebマーケティングで自社への利益を増やしましょう。
Vectorpouch – jp.freepik.com によって作成された background ベクトル