Webマーケティングにおけるライティングの重要性

Webライティングとは

世の中には数多くのメディアが存在します。新聞や手紙、Eメール、SNSなど現代ではその種類は多岐にわたります。これらのメディアにはそれぞれ長所と短所があり、我々には状況に応じてメディアを使い分ける能力が求められます。また、このメディアにはそれぞれの書き方にルールがあります。例えば手紙では「拝啓」「敬具」といったような決まったフレーズを用いることが一般的です。
Web上で公開する文書にも書き方があります。これを「Webライティング」といい、Webライティングの技術はWebマーケティングにおいても必要なものとなってきます。Webライティングにおいては何を意識して書くのか、つまり対象にするものによって書き方を変えなければなりません。「ユーザー向け」に書くのか、「検索エンジン向け」に書くのか、これらの違いについてもしっかりおさえておきましょう。
当記事ではWebライティングの重要性とWebライティング能力の向上についてお話しします。

Webライティングの重要性

本を読むときに書いた人によって読みやすさが異なるのは当然の話です。知らない言葉が多く出てきたり、難しい表現が含まれていたりすると読みづらいと感じることもあります。これは書籍だけに言えることではなく、全ての文章に通ずることでしょう。理解できない人が悪いのか、それとも書いた人が悪いのか。どちらが正解とは言えませんが、相手が理解できる文章を書かないと伝わらないのは事実です。とくにWebマーケティングでは情報を正しく分かりやすく顧客となる相手に伝えて、こちら側の意図を伝える必要があります。
WebにはWebのためのライティング方法が存在します。Webライティングに力を入れることで、より相手に訴えかける力は大きくなりますし、検索エンジンからの評価も高くなります。WebマーケティングとはWebライティングによってほぼ決まる、といってもいいでしょう。それくらいWebライティングは重要です。
「ユーザー向けのライティング」と「検索エンジン向けのライティング」のそれぞれの重要性について次項で詳しく確認していきましょう。

ユーザー向けライティングの重要性

ユーザ向けライティングの重要性、結論から言うと「相手を惹きつける文章を書く」ことに尽きます。Webマーケティングではその記事を読んでいる人の心をガッチリ掴み、ファン化させることが大切になってきます。心をしっかり掴めるかどうかはユーザーを意識したライティングが出来ているのかによって変わってきます。「伝える」文章より、読んでいると自然と入ってくるような「伝わる」文章を書くようにしましょう。
どのような文章が相手に伝わるのかを考えることがユーザー向けWebライティングの一番の難関です。Webの文書は手紙のように一対一のやり取りではなく、不特定多数の人に訴えかけることが一般的です。つまり、その文章を読んでいる人がどのような人で何を考えているのかを推測する必要があります。これを踏まえた上で魅力的な文章作成を心がけましょう。ユーザーを意識したライティングをすることでWebマーケティングの成果に直結すること間違いなしでしょう。
ポイントは読者の考えを推測した上で心をグッと惹きつける文章を意識して書くことです。

検索エンジン向けライティングの重要性

「SEO対策」という言葉はご存知でしょうか。SEOとは「検索エンジン最適化」という意味の英語の頭文字を取った言葉で、検索エンジンに対して効果的な働きかけをする施策のことを言います。検索エンジン向けライティングはまさにSEO対策で、Webマーケティングをするにあたっては基本中の基本の作業です。検索エンジンに対して効果的に働きかけることでより上位にWebサイトを表示できるようになりますし、閲覧数の増加をかなり見込めます。つまり、検索エンジン向けライティングは集客の面において大きな効果を発揮することが出来ます。
具体的にどうすればよいでしょうか。Google社やYahoo社が提供している検索エンジンはアルゴリズムというある規則に基づいてページを表示しています。そのアルゴリズムに好まれるようなWebライティングを心がけます。例えば、「渋谷 中華 おすすめ」と検索したら、検索エンジンは入力されたキーワードが入っている文章を表示してくれます。このときに、その検索キーワードにとってより重要なサイトと見なされたサイトが上位に表示されます。
検索エンジンに好まれるような文章を作成することで、上位表示も見込めて集客に大きく影響が出るに違いないでしょう。

タイトルの重要性

ユーザーが検索エンジンを利用してWebページにやってくるとき、最初に目に入るのがその記事のタイトルです。現実世界でいうお店の看板のようなものです。まずはそのお店に興味を持ってもらって集客します。あとはそのお店の商品を買ってもらう。これと同じようにWebマーケティングにおいてもWebサイトにアクセスしてもらった上で何かしらのアクションを起こしてもらわなければなりません。つまり、タイトルに興味を持ってもらえなければマーケティングどころかスタートラインにすら立っていないという状況になります。
また、タイトルによって検索エンジンでの表示順位も変わってきます。やはり、検索されるキーワードを意識することが大切で、キーワードをタイトルの初めの方に持ってくることでSEOにも効果があると言われています。たった30字程度の文字列ですが、その中にはユーザー向けかつ検索エンジン向けに設定する必要があります。タイトルがその記事の運命を決めるのはもうお分かりでしょう。

見出しの重要性

記事中の見出しには様々な効果があります。
見出しを付けることで今何の話題について書かれているのか大まかに知り、先入観を持って文章を読むことが出来ます。スムーズに内容が入ってくる手助けになります。Webライティングをするときにタイトルの構造化を心がけましょう。見出しの大小関係がぐちゃぐちゃになっていると、かえって文章が読みづらくなってしまいます。
また、SEOにも大きく関わってきます。検索エンジンはタイトルや文章に加えて、見出しも評価されています。見出しがあることで検索エンジンのロボットも何が書かれているのかを理解しやすくなります。よって、その記事の検索エンジンでの評価が上がり、上位表示されてやすいです。現に、検索エンジンで検索した時、上位表示されるページはほとんどといっていいほど見出しがついています。

覚えておこう
Webライティングではユーザー向けライティング、検索エンジン向けライティング、どちらも非常に重要です。

ライティングにおける注意事項

ライティングにおける注意事項

Webライティングを行うに際して、注意点を「ユーザー向けライティング」「検索エンジン向けライティング」別にお話ししたいと思います。Webライティングでは思わぬことが悪影響を及ぼす可能性があるので気を付けておきましょう。

ユーザー向けライティングに置ける注意事項

まず、ユーザー向けライティングについての注意事項です。Webライティングの基本は集客してファン化を図ることが重要ですが、商品を紹介するにしてもサービスを紹介するにしてもただメリットだけを宣伝するようでは逆に信憑性に欠けてしまいます。あくまでもユーザーが知りたがっている情報をきちんと提供するようにしましょう。我々が商品を買うときにはレビューを見て、それの長所短所を知ったうえで購入します。ユーザー心理を考えたライティングをしないとただの胡散臭い記事に成り下がってしまうでしょう。
また、情報を提供するという意味ではあまり、極端な表現は避けましょう。過度な期待をさせることはトラブルのもとです。日本語の誤った使いかたが思いもよらない事態を招いてしまうこともあります。書いている内容には責任をもって、ユーザーにとって価値のある情報を提供しましょう。

検索エンジン向けライティングに置ける注意事項

続いて、検索エンジン向けのライティングについての注意事項です。これは検索エンジンのアップデートにより日々求められることが変わってきます。基本的なことは同じですが、柔軟に対策を変えられるようなライティングをしましょう。
一つ目に著作権・肖像権には気を付けたいところです。他のWebサイトから丸々コピーしてきたものを転載する。これは非常に評価を下げてしまいます。自分が書いた記事にも他人が書いた記事にも、権利を主張しなくても著作権が生じます。無断転載は絶対にやめておきましょう。もしそういった行為を繰り返した場合、その記事のみならずドメイン自体の評価が下がり、今まで培ってきたサイト運営の歴史は崩れてしまいます。誰も幸せにならないことになるのでご注意を。
また、タイトル・見出しをきちんと意識しましょう。タイトルと全く違うような文章を書いていた場合、当然検索エンジンとしての評価は下がります。そういったペナルティーを受けない為にも考えたライティングに精を出してほしいものです。
検索エンジンを意識したライティングをしないと表示順位にも影響がでます。結果として集客が出来ていない状況に陥ります。そういったことを未然に防ぐためにも正しい知識を身に着けておきましょう。

ライティングが学べる書籍

以下ではライティングのノウハウが学べる書籍を紹介していきます。

最新のGoogle対策!これからのSEO Webライティング本格講座

最新のGoogle対策!これからのSEO Webライティング本格講座

Googleの検索エンジンを意識したライティングのノウハウをまとめた書籍です。ユーザー向けのライティングを意識した上で検索エンジンにも好まれるようなライティングが出来るような構成になっています。検索エンジンのアルゴリズムを分析し、100%、検索エンジンに高評価を受けることが出来るライティングを身に付けておくのは、これからにとって大きな意味を為すでしょう。

沈黙のWebライティング〈SEOのためのライティング教本〉

沈黙のWebライティング〈SEOのためのライティング教本〉

Amazonで堂々のベストセラー1位。実績も内容も間違いなしの一冊です。Webマーケターを目指す人物のストーリー形式で掲載されており、ストーリー小説部分とそれにまつわる具体的な解説が掲載されています。初心者の方でもWebライティングとっつきやすいような内容になっているので、とりあえず読んでおきたい書籍と言えるでしょう。

20歳の自分に受けさせたい文章講義

20歳の自分に受けさせたい文章講義

「話せるのに書けないのはなぜか。」をテーマに取り上げて、話し言葉から書き言葉に変えていくノウハウが掲載されている書籍です。著者もWeb業界で15年ライターとして活躍されている方で、業界のリアルな話を知ることが出来るでしょう。情報の正確性は髄を抜いている一冊です。この書籍を読み、自分の中でライティングとは何なのかを深く考えてみてはいかがでしょうか?

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

Webライティングはもちろん、企画書や報告書などにも使える体系的なライティング技術を身に着けたいならこの書籍。日常生活において文章を書く機会は必ずと言っていいほど存在します。そんなときに知識があるのとないのとでは大違い。文章を書くコツを知ることで効果的なWebマーケティングを行うことが出来るのではないでしょうか。

MEMO
他にも多数、為になる本がありますが、まずは4冊紹介させていただきました。

まとめ

当記事ではWebライティングについてお話してきました。Webライティングでは「ユーザ向けライティング」と「検索エンジン向けライティング」が重要となってきます。また、一般的な文章とは書き方が異なる部分もあるのでWebという環境に応じたライティング技術を身に付けていきましょう。
基礎的な知識を身に付けたら、学んだ知識をアウトプットしつつも新しいことを吸収する時間が必要です。そんなとき、書籍を読んでみるのもよいのではないでしょうか。